中国での買い付けは自力で行うより代行業者に委託した方が簡単

SITEMAP

男性

中国で商売をしたいなら買い付け代行業者がおすすめ

検品

中国を対象に商売を始めたいとお考えなら、中国輸入代行業者を利用しようと考えてみてください。輸入代行業者なら、語学力がなくても買い付けと仕入れを業者が代行して行ってくれますし、現地の顧客から注文が入れば、スタッフが迅速に梱包から発送までを済ませてくれます。できるだけ安価で買い付けと仕入れが行えるように価格交渉までも担当してくれるので安心して輸入代行を任せることができます。
また、中国の工場や販売業者と代理店契約を考えておられる場合でも、代行業者が間に入ってくれるので、事業展開をスムーズに進めていくことができます。
海外で商売を展開するには、さまざまなノウハウが必要にもなりますし、やはり語学力の不安は常に付きまといます。しかし、輸入代行業者を利用すれば、それらを全て一度に解決することができるのです。業者によっては買い付けに掛かる手数料が無料であるなど、販売に掛かるコストを大幅に削減できるところも輸入代行の大きなメリットのひとつです。
これから中国で商売を進めていきたいとお考えならぜひ一度輸入代行業者を比較検討してみてください。業者によってサービス内容や利用料金の設定はさまざまです。ご自身のビジネスプランに合わせて、最適な輸入代行業者を選びましょう。

中国輸入ビジネスの自動化のために買い付け代行を利用

中国輸入ビジネスの自動化は、輸入代行を利用することで行えます。自動化するメリットは、工程を減らすことができるところです。
販売する商品をリサーチして代行業者へ発注することや、商品登録は主な仕事になります。買い付けと仕入れは、輸入代行の中国語ができるスタッフが行います。発注した商品の価格交渉をしてくれるので、卸業者や工場から安く仕入れることができます。仕入れした商品の登録後に、輸入代行業者宛に商品ラベルの情報を送ります。袋詰めやシール貼りも行ってくれるところがあります。
物流代行サービスの利用で、買い付けて仕入れた商品は検品してから中国ECサイトの倉庫に預けることができます。納品や検品は、輸入代行業者が行います。注文が入ったのを確認すると、自動で倉庫スタッフが梱包しそのまま発送までしてくれます。工程が大幅に省けるので、時間的な余裕が生まれてきます。
会社員をしながら、休日を利用して個人で中国輸入ビジネスをしたい人は、中国輸入代行業者を利用しようとしています。少ない時間でもリサーチがうまくいくと、新商品をどんどん追加して、ビジネスを広げていくことが可能です。商品数が増えていくと、売上も安定してきます。買い付けと仕入れの難しいところは、輸入代行に任せます。副業としても中国輸入代行業者を利用すると便利になります。

買い付けと仕入れを行う輸入代行を通じて中国拠点を持つ事が可能

中国輸入ビジネスに、中国輸入代行業者を利用しようと考えるのはメリットが多いからです。
まず、中国語の知識がなくても中国との言語の問題を解消できます。輸入代行では、言葉が通じるスタッフが対応し、買い付けと仕入れを中国語で行います。
次に、人件費を抑えられます。貿易業務には、専門的な知識を必要とする出来事があります。そんなときは、代行業者にお願いできます。知識のある人材を雇う必要がなくなるので、人件費を抑えることできます。中国元など、国際送金や通貨の問題を考える必要がなくなります。
中国では、輸入代行の現地事務所が利用できます。買い付けと仕入れでは、サンプルのための小ロットの発注も可能です。現地事務所が商品を取りまとめてくれるからです。
物量を調整しながら中国輸入ビジネスの拡大や縮小、撤退も簡単にできます。やめたいときは容易にやめられるので、気楽に始めることができます。中国輸入ビジネスの知識がなくても、輸入代行業者の知識と経験で、商売の広がりがあります。初めて中国から輸入する場合でも、輸入代行業者では取扱い済みの商品のこともあるので、優良な仕入先から買い付けと仕入れができることもあります。輸入代行を通じて、中国拠点を持つことができるというのが大きなメリットになります。


低価格で最速に中国で買い付けをするなBANRIがおすすめです!
BANRIでは充実したオプションサービスの提供しているので安心して利用することができます。