中国での買い付けは自力で行うより代行業者に委託した方が簡単

SITEMAP

男性

輸入代行を利用して中国輸入で不良品を減らし返品率を下げる

男性作業員

輸入代行を利用すると、中国輸入で不良品を減らし買い付けした商品の返品率を下げることができます。中国輸入ビジネスで気になることは、商品に不良品が混入することが多く、返品率が高くなってしまうことです。売上を上げるためには、返品率を下げることが大切です。
中国輸入ビジネスで輸入代行の利用は高まっています。メリットがたくさんあることで、中国輸入代行業者を利用しようという考え方が増えています。代行業者に依頼しる仕事内容は、リサーチした商品の買い付けと仕入れです。そして、仕入れた商品を大手通販会社の物流代行サービスを使い、中国ECサイトの倉庫に預けます。
この時に、代行業者は目視で簡易検品を行います。目視なので、明らかに壊れているものがある時や注文書と違う内容の商品の時など、外観で判断するのではっきりとわかるものしか気が付きません。箱の中身をチェックするわけではないので、不良品が紛れていることもあります。不良品を減らして返品率を下げる場合は、代行業者に開封検品を依頼するのがおすすめです。
代行業者によって、検品方法は異なります。中国輸入ビジネスで返品率を下げるためには、買い付けと仕入れの後にはきちんと検品を行ってくれる代行業者を選ぶのがポイントです。